専門学校で学ぶファッション

ファッションデザイン専門学校はどんなところ?

ファッションデザイン専門学校で洋服を作る工程は学べる?

洋服を作る工程は学べる? ファッションデザイン専門学校では洋服に関する様々なことを学びます。洋服の歴史や、名称、素材について、デザイン画、カラーリング、パターン(型紙)や縫製の様々なテクニックなど。自分でデザインした洋服をデザイン画に起こし色をつけます。
そのデザイン画を元に、イメージに近い色、イメージに近い素材を選び、型紙に起こし、裁断、縫製して洋服を作るのです。デザインをするのに縫製が必要?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが必要なんです。実際デザインをパターン(型紙)にしてみるとデザイン通りに縫うことが出来なかったりデザイン通りに縫製すると動けない・・・、そんな場合もあるのです。
洋服の作りをよく知り、イメージ通りの洋服に仕上げるためにも洋服を作ってみることは大切です。ポケットの縫い方、ファスナーの付け方、衿の裏のハ刺し、さまざまな工程も勉強できます。ファッションデザイン専門学校では一通りの洋服が作れるようになるでしょう。

ファッションデザイン専門学校で自分の夢に一歩近づける!

自分の夢に一歩近づける! ファッションデザイン専門学校に自分の夢と希望に胸をふくらませて入学する学生は毎年大勢います。人気の秘密は、その専門性の高さと高い就職率にあると言われています。その授業で講師を務めるのも、元デザイナーやアパレルショップ店員・現在ファッション関係の企業に勤めている人などで実際のファッション業界の声を生で聞けるというのも魅力です。そして卒業後も企業との連携が密にあるため就職率も高く90%以上あるところがほとんどです。
また提出する課題も多いファッションデザイン専門学校ですが、それだけ実践的に学べると言えます。またプロが使うようなミシンなどの設備が、専門学校には用意されていることは学生にとってはありがたくより設備が充実しているファッションデザイン専門学校に人気が集まります。
このように、ファッションデザイン専門学校は実際のファッション業界と密接につながっていることで学生の夢の実現に大きく貢献できる専門学校と言えます。


Copyright © 2017 専門学校で学ぶファッション all rights reserved.