専門学校で学ぶファッション

社会人が学べる専門学校

社会人が学べる専門学校

社会人が学べる専門学校 昔は花嫁修業的なイメージもあった洋裁学校も、現代のファッションデザイン専門学校はアパレル業界で活躍するための専門職を育てる機関です。
アパレル業界はショップの販売職だけでなく、デザインやマーケティングなどの企画職、パターン制作から製造管理、流通や営業、PRやプレス広報・広告などのアド関係職まで、幅広い専門的な仕事があります。
ファッション業界も経験者優遇の職種ですし、何の知識もない全くの未経験者にはハードルが高いです。

ファッションデザイン専門学校は高校卒業後に18歳で入学するケースが多いですが、大学を卒業してから、社会人経験を積んでから入学してくる人も少なくない専門学校です。
販売職を経験してから、デザイン企画する側・実際に作る側を目指して入学してくる人も少なくありません。
ファッション業界で活躍する夢をあきらめたくない社会人のために、働きながら学ぶための夜間コースなどのある服飾専門学校もあります。

ファッションデザイン専門学校の志望動機について

ファッションデザイン専門学校の志望動機について ファッションデザイン専門学校の志望動機として、有効と思われるポイントを以下に挙げてみます。

まずは、より説得力を出すために自分の実体験などを盛り込むのが良いと思います。ファッションデザイン専門学校であれば、街中には広告や看板等のデザイン要素のあるものを生み出す技術を学ぶことから、自分がファッションやデザインといったものに対していかに情熱を持っているのかとアピールすべきです。街中にはそのようなデザイン性のあるものがあふれています。
そこで、日ごろからそのようなものを注意して観察する習慣を身に付け、自分なりにデザインに対する思いをめぐらせるようにします。そこで自分が心を動かされることを経験した際はそれ志望動機の中でアピールできるように、他人にもわかりやすい言葉で整理しておきます。
例えば、街中のとあるビル街に森林をモチーフにした心地よいデザインの看板があり、通勤途中にそれを見ると必ず心が癒されるのでいつも見るようにしている。そのような人の心を癒すデザインを研究していきたい、といったようなことです。自分の実体験を誰もが共感できるような内容でわかりやすくアピールすることで、説得力のあるものとなるはずです。


Copyright © 2017 専門学校で学ぶファッション all rights reserved.