専門学校で学ぶファッション

ファッションデザイン専門学校はどんなところ?

ファッションデザイン専門学校の面接で聞かれることとは?

面接で聞かれることとは? ファッションデザイン専門学校の入試面接でよく聞かれる質問は、一般の入試で聞かれる内容と専攻するデザインに関する専門的な内容の2つがあります。
一般的な内容では、志望の動機、得意科目、苦手な科目、長所、短所などがあります。一般的な大学や専門学校で質問される内容なので、あらかじめ答える内容を準備しておけば万全です。はきはきと大きな声で答えることで好印象を得られます。
もう一つの専門的な内容は、専攻する科の内容により異なります。服飾系なら好きなデザイナーやブランドなどがあります。グラフィック系なら最近街中やテレビで見て印象に残ったデザインなどがあります。必ず聞かれる内容としては将来の進路があります。
アパレルメーカー、ショップ、商業、工業系のデザイン分野など、自分の進みたい進路を決めておく必要があります。ファッションデザイン専門学校はファッションデザインに関するプロを養成する学校です。学ぶ意欲を強くアピールすることが大切です。

ファッションデザイン専門学校の面接にはスーツで行っても良いの?

面接にはスーツで行っても良いの? ファッションデザイン専門学校に入学するためには試験に合格しなければなりません。その入学試験は、筆記のみで終わる所は少なく、大半のファッションデザイン専門学校で面接試験が行なわれています。ここで迷うのが面接に臨むときの服装ですが、スーツで行くことに関してはまったく問題はありません。
ほとんどのファッションデザイン専門学校では、面接試験の服装に関する規定は特に設けていません。また、ファッションデザインを勉強するための学校であるからといって、面接試験でファッションセンスまで審査されるということはありません。
このため、スーツでも私服でもどちらを選んでもよく、制服のある高校の場合はその学校の制服を着て面接に臨んでも問題ありません。
ただし、入学試験の面接という場面のことを考慮し、スーツを着ていく場合であっても、私服で会場に行く場合であっても、派手なデザインの衣服は避けて、清潔で落ち着いた印象を持ってもらえるような服装を選びましょう。


Copyright © 2017 専門学校で学ぶファッション all rights reserved.