専門学校で学ぶファッション

ファッションデザイン専門学校はどんなところ?

ファッションデザイン専門学校に行くのか就職するのか迷うときは…?

ファッションデザイン専門学校に行くのか就職するのか迷うときは…? 進路の悩みとして、ファッションデザイン専門学校に行くか、就職するか、迷うという時があるとします。
人生のターニングポイントの一つとも言える選択肢ですので、迷う内容だと思いますが、何を学びたいのか、そして将来何をしたいのか、ということが明確になっているのであれば、ファッションデザイン専門学校に行った方が確実に良いでしょう。
それは、自分の糧になってくれます。
しかし、もし明確な目標やそれがどうしてもやりたいということではないのであれば、専門学校に行くというのは無駄な時間をお金がかかることになります。
高校卒業して専門学校に行くというパターンが多い傾向ですが、学費も中には親が払ってくれるということもあるかもしれません。
就職することと、天秤にかけてみて、楽そうだからということで選ぶことだけはやめましょう。
目標、将来のビジョンがあるのであれば、ファッションデザイン専門学校に通うことは、とてもメリットのあることです。

デザイナーになるにはファッションデザイン専門学校と美大ではどっちが有利?

デザイナーになるにはファッションデザイン専門学校と美大ではどっちが有利? ファッションデザイナーに憧れる人が進学する先としてはファッションデザイン専門学校と美術大学の服飾科などが挙げられます。
どちらの方が将来的にファッションデザイナーになるために有利かといった情報はおそらく様々なものを見聞きすることがあると思いますが、どちらにせよ前提として大事なのはきちんとしたデザインの勉強をしてその技術や知識を自分のものにすること、自分の実力をきちんとつけることです。
そのための過程としてはどちらにいっても自分の努力次第と言えるでしょう。
ただ、自分がどういったブランドのデザインが好きなのかを熟知して、そのブランドで働いている人にはファッションデザイン専門学校と美大のどちらの出身者が多いのかをリサーチして見ることも一つの手です。
ブランドの中には、そこのデザイナー部門へ就職しやすいためのコネや学閥といったものが存在している可能性もあるからです。
リサーチしてみた結果、自分のテイストとしてはファッションデザイン専門学校か美大かどちらが合っているか分かることもあるでしょう。


Copyright © 2017 専門学校で学ぶファッション all rights reserved.